スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2008'05.02 (Fri)

フードバンク

フードバンクって何?

世の中、食べ物が余って処分に困っているところがあると思えば、

その日の食事に事欠く人達もいる。食べ物は命の糧、大切なのです。

だから大事にしたい。余ったからといってすぐに捨てないでほしい。

どこかに食べ物が無くて困っている人がいるかもしれない。


この二つを結びつけ、食品関連企業等や農家から、

余剰食品の無償提供を受け、

生活弱者を支援する施設や団体に無償で届け、

福祉活動をする施設や団体を支援します。





資源の有効活用を図って環境を守り、

皆で助け合う社会を作ることに役立ちたいと活動をしています。




フードバンクとは、

生活困窮者と市民を、食と情報で結ぶフードバンク(食糧銀行)です。

寄付を受けた食料品を貯蔵して,

食糧を必要としている人や団体に供与するボランティア活動です。

フードバンクはアメリカでは定着しつつあるシステムですが、

やっと日本でも動き始めたようです。

アメリカなどではよくホームレスの人たちなどに炊き出しとして食事を提供しています。

日本でも「フードバンク」運動が広まりつつある。



品質に問題がないのに、ラベルの間違いなどで店頭に出せなかったり,

包装が破損したり賞味期限切れが近づいたりした食料品を企業等や農家から寄付してもらい、


集めた食料品は

ホームレス・被災者・高齢者・貧困者・養護施設・福祉施設などへ無償で届ける活動のことだ。

その一方で


ぜいたく病と言われる日本ですが

格差社会が進み自殺者が多く、世界でも まれな国です

なんともったいないの使命は大事です







毎日大量の食品が、賞味期限が迫る、パッケージが壊れた等の理由で、

商品棚から下ろされ、捨てられています。

それらは食べ物としては美味しく、栄養十分で、安全なのに、

産業廃棄物として処理場で焼却されています。

児童養護施設、母子緊急生活支援施設、身障者の生活を支える団体等は、

福祉予算の削減や長期据え置き等で苦しい経営をしています。

ホームレスの緊急生活援助をするNPO団体も資金不足で大変です。

ボランティア活動をする人もまだまだ足りません。


過去20年間、ヨーロッパ、アメリカ合衆国において、フードバンク活動は、

福祉団体を支援して、貧しい人達を飢餓から守り、食糧の廃棄を減らし、

環境を守るボランティア活動として、効果的な働きをしてきました。


まだ日本では始ったばかり、まず「フードバンク」というシステムがあるということを、

企業や国民に周知することをしていかないといけないでしょう。

アメリカでは「フードバンク」について浸透してきているので、認知度もあり、

企業や農家、スーパーマーケットなどから、たくさんの食料が集まり、

食料の寄付だけではなく、お金の寄付も受け付けている。

この「フードバンク」のシステムにより、年間11万人ほどの食を助けることができている。

アメリカだけで考えても3500万人の人が貧困で食に困っている人がいるのだから、

もっと、もっと「フードバンク」の認知度を上げ、また日本でも認知度をあげ、



私達は、命の糧である食べ物を大切にし、さまざまな人生と真剣に向き合い

より多くの人が豊かな食生活と人生を楽しむ事ができると共に、

生活困窮者を少しでも助けれるといいですね




スポンサーサイト

テーマ : 生活向上のために - ジャンル : ライフ

タグ : 格差社会 人生

21:50  |  ☆美しい国日本  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2007'03.03 (Sat)

まなちゃんを救いたい

3月17日

まなちゃんの心臓移植


私にもなにかお手伝いできることがないかな~っと思っていました。
せっかくブログを始めたので、ここでみなさんにお願いします。


まなちゃんは
東京都多摩市在住の石榑愛(いしぐれまな)ちゃんは平成17年6月28日に元気な産声をあげました。
しかし生後5ヶ月で「拡張型心筋症」であることが分かり、
心臓移植をしないと余命半年との宣告を受けました。


現行の日本の臓器移植法では、15歳未満の小児からの臓器提供は認められていません。
そこでご両親は、海外での移植手術を決断し、関係者の尽力によって、
米国カリフォルニア州にあるロマリンダ大学病院への受け入れが決まりました。


しかし海外での医療費には日本の健康保険は適用されないため、
心臓移植手術費、滞在治療費・渡航費などで合計1億3600万円もの費用が必要となります。


これは、一般家庭では到底用意することができない金額であるため、
まなちゃんを助ける為には多くの皆さんのご支援を必要としています。


まなちゃんが一日も早く渡航できるよう皆様のご協力をお願いいたします。



詳しいことはまなちゃんを救う会を見てください
そして少しでも多くの方の目にとまるように、

テーマ : 健康第一 - ジャンル : ライフ

22:48  |  ☆美しい国日本  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。