スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2008'05.02 (Fri)

サブプライムローン問題は、関係ない庶民にまで影響

 世界をゆるがす、サブプライムローンは、
アメリカの金融機関が比較的信用力の低い人に貸し出す住宅ローンを指します。
理想はいいと思います

日本で実現してほしかったですね
そうすれば低迷している建設業界が息を吹き返しているのに



通常のローンと比べ金利は高めですが、
借りる人の信用力・返済力を調べる貸し出しの審査基準が緩いため、
所得が少ない人や、過去に返済を滞らせたことのある人でも借り易くなります。
各国の中央銀行による大量の資金供給で、実現しました

背景には不動産が上がり続けるという神話をあまり信じたことにあります

また、金利が段階式に上がるなど、借り入れ当初の数年間は、
通常のローンより返済負担が少なくなっているのが特徴です

2年後や5年後から段階的に利息があがります
これで焦げ付きが爆発的にローンの焦げ付きが発生しました

読みが甘かったのです不動産が上がり続けるという神話をあまり信じたことにあります
どだい収入が20万前後の人が17,18万最初からローンを支払い
2年後から、支払いが、上がり5年後となれば収入以上の支払いになります
高金利なのです、最初から無理があったのだったのです


不動産価格の伸びが止まってこの手法が使えなくなり不良債権化。
これがアメリカの株価暴落も引き起こすこととなった





何故でしょうか?
 普通、住宅ローンは、
住宅の買い手と金融機関との間で信用力を確認し返済計画を詰めて貸し出しをします。
しかし、このローンは、個別審査を簡略にし、
担保目一杯に野放図に貸し出します。

そして早々と債権を金融・証券会社に売って現金化し、

金融・証券会社は、多種な債権を集めてそれを証券化します。
(CDO=債務担保証券ほか多数のファンド)

その後、投資家に市場で売却します。
世界の投資家が、高収益であるため競って買いました。

これらの証券は、投資家にとっては債務者が誰で、
信用力があるかどうかはわからない商品設計になっています。

米国の住宅バブルがはじけたために、
ファンドや金融機関に多額の損失を与えました

再証券化が繰り返し行われ、

最終的に、投資家、ヘッジファンド、

機関投資家が購入する段階では、
元のサブプライムローン部分がどこに含まれているのか分からないほどに
複雑な構造を持つ金融商品になってしまっている。

住宅バブルがはじけ、債務破たんが広がってきたことから、
米国のみならず世界の株価が下落するなど世界経済全体を揺るがす事態となりました。

ようは金融各社は自社だけがリスク(赤字)を最小限にするために
アメリカは世界中に販売したのです
(赤信号みんなで渡れば怖くない)
世界各地の金融会社が買いました(出資したのです)

日本の大手銀行や証券会社等もそうなんです
出資の桁が違いますから1社で2000億円以上も普通にあります
しかも日本大手金融機関は ほとんどが出資してます


買わない金融各社のほうが少ないのです
(利口な会社です私は知ってます)

また今現在住宅価格が上がりさえすれば軽減できますが
まず無理でしょう

今後の状況に目が離せません。

今出ている金額は30兆くらいです
まだ総額300兆くらいが焦げ付きを控えています
まだまだくすぶり
アメリカ政府が余程の政策をしなければ解決は難しいでしょう

完全な金融不安なのです

へたをすると金融機関がばたばた倒産します

そのおかげで大きな投資筋は金融商品を買わず
当然株価は下がります

現物商品(原油 穀物 金等)に投資して
価格が上昇しているのです
何もいい対策が講じられなければ金融会社は
倒産する可能性を秘めているのです
(あまりそこまではいかないと思う)
そこまでいったら混乱を防ぐために我々の税金(血税)の投入も考えられます

回りまわって庶民にしわよせが来ているのです
大問題です
自分には関係ないと思われていた方も関心を持つべきです

4月からの値上げラッシュもそれがかなりの原因なのです



値上げラッシュ賃金停滞が続く今
政治のリーダーシップが必要です
せいぜい暫定税率は復活してもらいたくないですね
福田首相は KY らしく、
自分の側からしか 世の中がみれないようですね
期待はしてませんが

皆さんは銀行貯金を1千万づつに各銀行に分けるべきです

そして政治に興味を持ち
積極的に参加していくべきです
国民の力で変わる時代になってきていますから

いかに生きるかはあなたしだいです
幸運を祈ります

株も今は逆転の発想で面白いかも
火傷しない程度に程々の加減で




スポンサーサイト

テーマ : 生活向上のために - ジャンル : ライフ

タグ : 金融 証券 金融機関

21:44  |  ☆社会問題  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2007'03.04 (Sun)

いじめやめろ、自殺は絶対するな

いじめ問題 自殺 生活 命

テレビで毎日放送されている[いじめと自殺]問題に
重い気持と心配になります。 


新しい自殺が毎日のように放送されて、
その度にもう自殺するのは止めて!


もういじめは止めて!と叫びたくなる。


一言で語れない問題だとはわかっていても
何とかしなければと、記事にしました。


 自分が子供の頃を振り返ればいじめは昔から大になり小なりあった思います。


どんな場合だったかなと今思えば主に次の二つタイプではないかなと思います。


 単に弱い者を差別感としていじめるタイプ


逆に嫉妬心から強い者の足を引っ張るタイプ


今思えば私はいじめをした方だった思いますが
いたずらのつもりでした


ポリシーがあり、弱い者いじめはしませんし助けるほうでした


なぜかと言うと年子に弟がいてその弟が精神薄弱者であり、


いじめられてたからですもちろんかばいましたしいじめが発覚すれば、


した人にすぐ文句つけました
なんでもしましたから守れたと思います


しかし、現在のいじめ問題を聞けば聞くほど


私も過去にいじめをしたのかと今頃になって反省しています。


いじめられる側の気持を理解する程ゆとりも能力もなかったような気がします。


しかしとにかく、大人も子供も自殺だけは思いとどまって下さい。


 必ず、あの時、死ななくてよかったと思える時がきます。


自分一人が死ぬことだけでなく、親や兄弟、親戚、友達、仲間を一生、


苦しめることにもなります。


もしも、自殺を考えている人がいたら思い留まって下さい。


 無駄死にだと思って下さい。生きていれば必ずいいことはあります


悔しい辛い気持を、親でも友達でも先生でもだれでもいいから話して下さい。


 いじめ相談24時間受けつけ「政府広報オンライン」


自殺する人は、プライドが高く、


相談できないと言われます


また心身喪失であるとも考えられます


私には自殺する勇気などありません


自殺した人は、


その大事な勇気とプライドがあり


人生生きて行く上でそれはすばらしいものだと思います


それを活かすことができなかったことは
日本の大きな損失で、


無念でなりません


是非、自分の身のまわりの人とよく話して、


気をつけて見守ってください


そしていじめをみたら見て見ぬふりはやめましょう
やめろと1言、


言う勇気をお願いします


心からお願いします








 


テーマ : 成長の記録 - ジャンル : 育児

タグ : いじめ 無念 勇気 自殺

19:09  |  ☆社会問題  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2007'03.04 (Sun)

ホワイトカラー残業代廃止制

ホワイトカラー残業代廃止制など提言=規制改革会議が
最終答申


 (時事通信社 - 12月25日 19:10)



 政府の規制改革
・民間開放推進会議(議長・草刈隆郎日本郵船会長)は


25日の会合で、
労働や教育など11分野の規制改革を盛り込んだ最終答申を決定し、


安倍晋三首相に提出した。


ホワイトカラーの一部を残業代の支払い対象から外す
新労働時間制度


「日本版ホワイトカラー・エグゼンプション」の導入や、


外国人研修生らの地位安定化などを求めている。


政府は26日の閣議で、答申を最大限尊重する方針を決定する。  


首相は、草刈議長に対し、「しっかり受け止めてやりましょう」と表明。


政府は26日の閣議で、答申を最大限尊重する方針を決定する。 


 by[時事通信社]




もう日本はアメリカの完全子会社なのか、


ノーと言えない日本、
政府はサービス残業を合法化しようとしている、


外国人研修生や外国人労働者らの地位安定化は
大いに賛成ですが
日本人の弱者
派遣労働者やフリーターの
地位安定化も大事にしてほしい
高齢化社会を向かえて日本は
優秀な外国人労働者は
必要だと思います
税金を払ってくれる世代の人口が
絶対的に足りないのですから
若い世代につけだけを回す
今までの時代は終わりを
向かえて欲しいものです


社会党や労働基準局、労働組合は、何もできないのかな


ただで仕事しろと言うことなのだ 人生いかに生きるべきか



追伸、方針は決定されませんでした、よかったよかった
☆i2iランキング


テーマ : 格差社会 - ジャンル : 政治・経済

タグ : 仕事

18:52  |  ☆社会問題  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。